2017年05月29日

[ワンポイント] You're Welcomeより...

Happy Monday!

Yoshi and I will be recording again this Monday evening.  The last time we recorded on a Monday it was the "東京レディボーイズ" episode, so I hope we can make another good(←? 笑) one today!  We will release it this Thursday at 10:00am.  よろしくお願いします!

Annnnnnyway, let's start the week with another “One-point English” lesson(日本語の説明付き!), from Dave (デイブ).  If you want more, please check out his website!

今日の話題は:One-point English


アメリカでは誰かに手伝って「Thank you.」と言われたら絶対に「You're welcome.」またはその代わりの表現を使って返事した方がいいですよ。もちろん日本では皆は「どういたしまして」または「いいよ」と言いますが言わなくてもいい場合もあります。皆さんは「You're welcome」の変わりの表現を知っていますか?今日はそれぞれ紹介したいと思います。


1. No problem. 「問題なし」 /「いいよ」 軽くてカジュアルな表現。私はよく使います。


2. Don't mention it.  「述べなくていい」日本語にするとちょっと変な感じがしますが英語では優しくていい表現です。


3. Don't worry about it. 「気にしないで」軽い。友達同士でよく使われています。


4. No worries. 上の3番のもっとカジュアルバージョン。カジュアルの中のカジュアル。


-------------


デイブに失礼しますがエイブが一つを付け足します:


上の表現はYou're Welcomeよりカジュアルとなってますが、よ〜く使われているYou're Welcomeより丁寧の一つも覚えましょう。


5. (It's) my pleasure.   (It's)を言わないと丁寧カジュアルでかっこいい!Yew!! 笑


-------------


今度、「Thank you.」と言われたらどれかを使ってみてね!


以上!


For more from Dave click the link!






Follow Gogoエイブ会話 on Twitter for lots of cool stuff!



posted by エイブ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184677187

この記事へのトラックバック